産業廃棄物、特別管理産業廃棄物の収集運搬及び、一般貨物の運送

  KOTOKU GROUPでは産業廃棄物、特別管理産業廃棄物の収集運搬業務及び一般貨物の運送業務を株式会社 ケーシーエスが担っています。多種多様なニーズに応えるべく運搬車両の車種の充実を図り、安全運行、エコ運転など運転手の教育に力を注いでいます。又、産業廃棄物や一般貨物の重量を計量できるように稲葉事業所と岸之浦工場に埋め込み式トラックスケールを設けています。また、電子マニフェストを利用し、電子化に対応しています。
※処理ご依頼後の廃棄物に関するデータは弊社の「廃棄物データ共有化システム」で照会・ダウンロードすることが可能です。
 
 
 
   
    廃酸、廃アルカリなどを主に収集運搬する車両です。廃棄物の性状に合わせ、FRPライニングタンク車、テフロンライニングタンク車、ステンレスタンク車を選択することが可能です。
   
    ピットや生産ラインなどの清掃や建設現場での汚泥の引き抜きなどを主に行う車両です。作業場所の状況に合わせ、4t車、7t車、10t車など選択することも可能です。
   
    主にドラム缶やフレコンバッグなど容器に入れられた廃棄物や一般貨物を運搬する車両です。各種ニーズにお応えできるよう1t車〜12t車をご用意し、12t車では一度に約60本のドラム缶を運搬することが可能です。
   
    通常の10tダンプ車に加え、水密性箱形(10m3)10tダンプ車などがあります。又、少量の廃棄物でも対応できるよう3tダンプ車もご用意しています。
   
    お取引先様に専用コンテナを設置し、脱水汚泥、有機汚泥、廃プラスチック類、木くず、紙くずなどの廃棄物を収集運搬する車両です。用途に合わせ、4m3、6m3、10m3コンテナや、密閉式コンテナをご用意しています。
   
    容積が大きく、かさばる廃プラスチック類などを圧縮することにより、収集運搬の回数を減らし、運搬コスト低減を可能にする収集運搬車両です。地球環境に配慮し、弊社では圧縮天然ガス車(CNG車)を導入いたしました。
   
    主にドラム缶やフレコンバッグなど容器に入れられた廃棄物や一般貨物を運搬する車両です。3t車、7t車など選択することが可能です。
  ページトップへ▲  
 
    KOTOKUグループはPCB廃棄物処理会社である日本環境安全事業株式会社(旧 環境事業団)への搬入許可を取得しました。これにより、KOTOKUグループはPCB廃棄物の適正処分のご相談やご依頼にお応え出来るようになりました。
 
   
PCB廃棄物の搬入できる収集運搬業者は、
@密閉できることなどPCBの漏洩防止措置を講じた運搬容器を有すること。
A運搬車等には応急措置設備、緊急時の連絡設備等が備えつけられていること。
B業務に直接従事する者がPCBの性状、事故時の応急措置等の知識及び技能を有すること。
 
PCB廃棄物収集運搬車両
 
    これらの許可基準を満たし、日本環境安全事業株式会社の厳しい入門認定審査を経て入門許可を取得しました。

PCB廃棄物を保管する企業の方々は法律で平成28年7月14日までに処分することを義務付けられております。期限内にPCB廃棄物を全て処理しなくてはなりません。

    PCB廃棄物に関する罰則規定について
    平成13年に『ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法』が制定され、これによりPCB廃棄物の保管事業者様に対し、不適正処理をされた場合については、厳しい罰則規定が設けられました。

    中小企業者様向けの処理料金割引制度について
    PCB廃棄物を保管する中小企業の方々には、国庫補助金による軽減制度(70%を軽減)を利用できる場合もございます。保管、処分に関するご相談など、なんなりとお申しつけください。
     
  ページトップへ▲  
 
収集運搬業許可証 収集運搬許可一覧 保有車両一覧 直前三年間の(特別管理)産業廃棄物収集運搬実績
  別画面で開きます
  別画面で開きます
別画面で開きます
別画面で開きます
  ページトップへ▲  
 
  主に汚泥などに使用する6m3コンテナや、廃プラスチック類などに使用する10m3コンテナを弊社では合計約100台保有しています。又、大型コンテナの設置が困難な場所や、廃棄物の分別収集のために2m3ミニコンテナをご用意しています。保管が困難であった有機汚泥には、密閉式コンテナをご肥料化など、リサイクルのご提案も行っております。

 
  脱水汚泥や廃酸、廃アルカリ、廃油など各種廃棄物を保管する際、コンテナや専用タンクを
設置するスペースがない場合にお薦めしているのがドラム缶による収集運搬です。1本あたり約200リットルの容量があり、デッドスペースにも保管が可能です。用途に合わせ、オープンドラム缶、ケミカルドラム缶(内側に耐腐性コーティングを施したもの)など各種ドラム缶を取りそろえております。

 
  ドラム缶より大容量で保管に便利なものが1m3(1000リットル)廃液容器です。フォークリフトにて移動も容易に行え、デッドスペースにも重ねて保管することができます。

   
  PCB廃棄物専用運搬容器は、インナートレイを2台収納できる密閉式構造となっており材質は全てSUS304が使用されています。また、運搬中のPCB廃棄物の漏洩・拡散を防ぐ為、要求される十分な強度計算を基に設計され、水張り試験、転倒水漏れ試験(気密試験)、つり上げ検査、持ち上げ検査等に合格したPCB廃棄物専用運搬容器を用い、安全かつ適切に運搬を行います。

ページトップへ▲  
  一部の悪質な事業者による産業廃棄物の不法投棄が多発する中、運搬車に対する取り締まりが強化されています。「廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行規則」が改正され産業廃棄物の収集運搬車に係る表示及び書面の備え付けが、2005年4月1日より義務付けられました。

   
  許可業者が運搬車を用いて産業廃棄物の収集又は運搬を行う場合には、以下の事項を車体の両側面に見やすいように表示しなければなりません。
  ・産業廃棄物の収集又は運搬の用に供する運搬車である旨
  ・許可業者の氏名又は名称
  ・統一許可番号(下6桁)

 
 

許可業者が運搬車を用いて産業廃棄物の収集又は運搬を行う場合には、当該運搬車両に次の書面を備え付けておくことが必要です。弊社では収集運搬全車両に取得している「産業廃棄物収集運搬業許可証」及び「特別管理産業廃棄物収集運搬業許可証」の写しを常備しています。
 ・産業廃棄物収集運搬業の許可証の写し
 ・産業廃棄物管理票(マニフェスト伝票)

  電子マニフェストを使用する場合は、電子マニフェスト加入証の 写し及び運搬する産業廃棄物の種類・量などを記載した書面又はこれらの電子情報とその情報を表示できる機器が必要です。
ページトップへ▲  
 
   

運転手にかかる人件費(固定費)を、外注費(流動費)にすることでキャッシュフローの改善をご提案し、高い評価をいただいています。私達の事業活動は「サービス業」であるという信念のもと、バックボーンとなる従業員教育の充実を図り、コミュニケーション会議を月に1度設け、現場からの意見などを汲み上げ、お客様に新たにご提案できるサービスはないか、常に改善意識を持ち取り組んでいます。
※一般労働者派遣事業許可書 許可番号(般27−300503)

ページトップへ▲