清掃及び解体作業
  弊社では清掃内容に合わせ「酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者」や「有機溶剤作業主任者」など、各種資格を持った作業員が対応致します。作業員が3名以上要する清掃作業には、運行管理責任者が作業員の力量を判断し「作業責任者」を選任、現地で担当者様と作業内容の確認や作業監督を行い安全第一、ゼロ災害に努めています。排水処理設備、製造ライン、廃酸・廃アルカリ槽、重油タンク、塗装ブースなど、お客様のご要望にお応え致します。
  使用済み活性炭の再生処理をご希望されるお客様に「活性炭レシーバー」をご用意しています。本機を使用することで、使用済み活性炭の吸引作業と平行してフレコンバッグ詰めが行え、新炭搬入車両の荷下ろし後、使用済み活性炭を詰めたフレコンバッグを当日持ち帰ることが可能となり運搬コストの削減となります。又、各種の濾材及び活性炭などの販売も行っておりますので是非ご相談下さい。

  配管、側溝、暗渠などの清掃作業に対応できるよう、高圧洗浄車、高圧洗浄機をご用意しています。又、従来の洗管ホースでは対応が困難な、細い配管や、曲げ箇所が多い配管にも対応できるよう、用途に合わせ曲管用フレキシブルホース(直径約10mm: 曲度約35度)も装備しております。

  環境影響に対する関心が高まる中、鍍金工場解体及び撤去工事などに於いて、お客様が危惧されるシアン、カドミウム、六価クロムなど有害な重金属物質が付着する製造ライン、タンク及び配管などの廃プラスチック類、金属くずなどの処理にお悩みのことと思います。
   
    KOTOKU GROUPの強みを生かし、
お客様に以下のご提案をさせていただいております。

1.専門知識を持った作業員配置による環境影響(二次公害の発生)の抑制
・ 現場に応じた特殊車両の選択が可能。
・ 有害物質の漏洩に対する地下浸透予防施策の実施。
・ 有害な物質が付着した廃棄物に対する適正作業の実施。
2.廃棄物処理コストの削減
・ 解体作業から廃液引き抜きまでの一括作業によるコスト低減。
・ 廃棄物の適正分別によるリサイクル量増大と処理コストの低減。
・ 適正廃棄物処理業者の選択及び適正処理費の情報開示。
3.廃棄物データ共有化システムによる廃棄物管理
・ 処理ご依頼後の廃棄物に関するデータは弊社の
廃棄物データ共有化システム
で照会・ダウンロードすることが可能です。
    ページトップへ▲